チオグリコール酸カルシウム

チオグリコール酸カルシウムって?


チオグリコール酸カルシウムって何?って思う方もいると思います。

 

チオグリコール酸カルシウムとは、チオグリコール酸とカルシウムを反応させ結晶とし、冷水で洗浄と乾燥をさせたもので、悪臭成分が除去されているものです。

 

チオグリコール酸カルシウムにはタンパク質を分解する力があり、毛を溶かす効果があります。

 

これにより、市販で売っている脱毛クリームのほとんどにチオグリコール酸カルシウムが含まれています。

 

 

しかし、デメリットがあり毛を溶かす力はあるものの、皮膚のタンパク質も同時に溶かしてしまうのです。

 


なので人によってはクリームを塗る事で毛は抜けるけど肌が荒れたりなどのトラブルが起きてしまうわけですね。

 

塗った瞬間にヒリヒリしたり、肌が赤く腫れたり、ニキビのような吹き出物がでるのもチオグリコール酸カルシウムの副作用とも言われていますね(汗

 

塗る人によっては全然そんなことは無かったりしますが、ある人からすればかなり厄介です。

 

・・・なのですが、私が紹介しているケナインはチオグリコール酸カルシウムが確かに含まれているのですが、普通のとは違い改良を入れた【精製チオグリコール酸カルシウム】になります。

 

 


改良した中にはグリチルリチン酸ジカリウムという肌荒れのケアに最適な効果を発揮する成分が含まれています。

 

これがあることにより、毛をとかしつつも肌を守ってくれるので、ムダ毛だけを綺麗にとってくれるのです。

 

私がケナインをオススメしているのも、これがあるからこそなんですよね。

 

なので、ムダ毛を抜きたくても肌荒れが気になる方はケナインを使ってみるといいですよ!